一青妙

一青妙

一青妙(ひととたえ)は、舞台女優・歯科医師・ナレーター・エッセイスト。
妹は一青窈。
生年月日9月24日 身長158cm

 

一青窈のサイトはこちら

一青妙のDVD

恋するイノセントマン
映像、舞台企画集団・ハルベリーのいずみよしはる初監督作品。何の夢も志もないまま、なんとなく上京した中年男・操。慣れない東京での暮らしに、引きこもり状態となる。しかし、ひょんなことから盲目の少女・志乃と出会い、何かが変わり始める。
DVDはこちら

一青妙の電子書籍

「環島」 ぐるっと台湾一周の旅
環島は「島をぐるっと回る」ことです。
台湾をぐるっと回れば、台湾に対する固定観念が覆され、新しい台湾の発見につながるかもしれません。
この本は、私が昨年自転車で台湾を一周した8泊9日の環島体験を中心に、鉄道や車、バスなどを含め、日本のみなさんに、環島の楽しみ方を紹介するために書きました。たぶん、日本で初めての台湾環島をテーマにした本となるでしょう。 (本文より)
電子書籍はこちら

 

わたしの台湾・東海岸―「もう一つの台湾」をめぐる旅―
先住民が多く台湾人に心の原点と愛され、アウトドア・レジャーも盛んな台東、名所・太魯閣渓谷や日本統治時代の建物を活かした街が人気の花蓮、テレビドラマ「孤独のグルメ」でも紹介され台北から近い宜蘭など。都市が集まる西側、古都として人気の台南ともまるで違う独特の魅力を日台ハーフの著者が綴るガイド&エッセイ。
電子書籍はこちら

 

わたしの台南―「ほんとうの台湾」に出会う旅―
今は亡き父母、そして妹・一青窈の一家四人で過ごした思い出の国を再訪し出会った、旧きよき時代の面影。地元のソウルフードから流行のスイーツまで美食の街を食べ歩き、人情深く人懐こい人々に触れ、その歴史と文化を訪ねた著者が心を込めて綴る台南への誘い。大都市・台北、高雄だけじゃない台湾のもう一つの魅力がここに!
電子書籍はこちら

 

ママ、ごはんまだ?
母の人生に派手な物語はありませんでした。でも、母は料理によって彼女の深い愛情を娘たちに伝えようとしていたのでしょう。偶然見つかったレシピにとっておきの家族愛と想い出がつまっていた。若くしてこの世を去った母が料理に込めた優しさとは。
電子書籍はこちら

 

私の箱子
中国語で箱のことを「箱子(シャンズ)」という。台湾人の父と日本人の母、そしてかわいい妹。四人で暮らした思い出の家を取り壊すとき、偶然見つかった「箱子」。そっと覗き込むと、「家族の記憶」が溢れ出した--。名家の跡取り息子として生まれた父、年の差を越えて国際結婚をした母。ふたりは娘たちを残して、相次いでこの世を去った。大人になった筆者は、母が大切にしていた「箱子」の中身をひとつひとつ確かめる。
電子書籍はこちら

 

クロワッサン特別編集 着物の時間。
着物で楽しむ大人時間。
CONTENTS
着物を身に着けて味わう、華やぎ、凛とした美しさ。
吉田羊さん
?染めの着物?
市毛良枝さん、長山藍子さん、貴城けいさん、春香さん、田中ひろみさん、麻生怜菜さん、
野口真紀さん、山本侑貴子さん、葉石かおりさん、川津幸子さん、矢内理絵子さん、
車浮代さん、大谷直子さん、松見早枝子さん、くまざわあかねさん
?織りの着物?
夏木マリさん、桜沢エリカさん、柴本幸さん、駒村多恵さん、中村格子さん、石村由起子さん、
土田早苗さん、一青妙さん、川越塔子さん、三砂ちづるさん
?夏の着物?
森荷葉さん、大倉節子さん、光野桃さん、和田清香さん、井戸理恵子さん、荘田由紀さん、
尾上博美さん、広田千悦子さん
?男の着物?
ロバート キャンベルさん、中村芝翫さん、林与一さん、宮本亞門さん、中村雀右衛門さん
失礼がないよう、知っておきたい。大人の着物、基本のQ&A。
着物をもっと素敵に。上質な着物や小物が揃う店。
電子書籍はこちら

最新エロ動画